最近、よくFP(ファイナンシャルプランナー)という言葉を耳にしたり、目にしたりしませんか?FPというのは、今、とても人気のある職業でもあり、特に銀行から需要のある職業です。
FPの資格を持っていれば、就職や転職でも有利ですし、自己啓発としても、持っておいても損のない資格になります。一生使えますので、会社を辞めた後でも、ご自分で独立してFPの業務を行うなどして、事業を展開する事ができ、資格の活用次第では、非常に視野が広がる職業でもあるのです。
FPには、専属FPと、独立型FPがいます。専属というのは、銀行や保険会社など、どこか定まった会社に籍を起き、その会社の指示や方針に従って働いていくFPです。
保険代理店などで受け付けている保険相談も、このような専属FPが担当する事が一般的です。
ある程度会社で経験を積めば、独立して開業する事もできます。個人FPとして、事業を始め、自分が率先してクライアントのもとへ出向くといった活動で収入を得てい独立型FPの方もいらっしゃいます。
FPという職業は、非常に奥が深い職業です。一般の人と打ち合わせや相談をする事も多いので、気さくで親しみやすい方が適していると言えます。一度相談を受けたお客様とは、今後もずっとお付き合いが続く事もあるので、どんなお客様にも信頼されるような立場になっていく事を目標としていくと、キャリアを積んでいけますし、ご自身の経験にもなります。できる限り多くのお客様に対応していく方が、ご自身のレベルアップにもつながるのです。